OLの日記です。


by cedar-back
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:イタリア料理( 52 )

幡ヶ谷駅から、6号通り商店街をひたすらまっすぐ、10分以上歩いて・・・
やっと着いたよ、イタリア料理DIRITTO

a0055889_2328283.jpgRちゃん、
わくわく30thランド突入、
おめでとう★

女は30から・・・らしいので、
ますますいい女になってね★
すぐに追いつきます!


若鮎と山芋のフリット白瓜添え          金目鯛のカルパッチョa0055889_2144312.jpga0055889_2145063.jpg









シチリア産からすみスパゲッティ           白アスパラのスパゲッティカルボナーラa0055889_21566.jpga0055889_2151285.jpg









口直し(ブラッドオレンジシャーベット)         仔羊の炭火焼
a0055889_215248.jpga0055889_2153184.jpg








本日のコース(5000円/月替)
このボリューム、このお味で5000円は、CP抜群。
さすが、幡ヶ谷価格です(笑)

この時期は、コースに旬の"鮎"や"ホワイトアスパラガス"を使った料理が
組み込まれていることが多いので、苦手な方は事前にどうぞ。

今日のお気に入りは、からすみのパスタ。
塩気の少ないからすみが、たっぷりのっているから、
からすみ独特の食感もしっかりと楽しめる。
後から、ふわっと柚子の香り。

シェフの坂内氏は、
「アロマフレスカ」「アロマティカ」のパスタ担当だったそう。納得。

a0055889_22294613.jpg Happy Birthday to you~♪
a0055889_22301099.jpg
by cedar-back | 2006-06-20 20:15 | イタリア料理
放送作家小山薫堂さんプロデュースの、看板のないイタリアンタワシタへ。

a0055889_19484118.jpg←唯一の目印は、〒ポストのショップカード。

ここは薫堂さんプロデュースということで、
私の中で、相当期待度が高かったお店。
東京タワーの下にあるから、タワシタ。

今日は個室で、誕生日会。
おめでとうございます。


a0055889_2124465.jpga0055889_20591812.jpg








メロン果汁&生ハム               イワシマリネ?
a0055889_2194936.jpga0055889_2195687.jpg











ホタテの黒七味焼きホタテガーリック         蛸&オリーブ
a0055889_2110713.jpga0055889_21101332.jpg








グリルドベジタブル                  イサキ? 
a0055889_21102476.jpga0055889_2110304.jpg








ラタトゥユ                      ステーキ丼(焼きオニギリの上にステーキ)
a0055889_21104032.jpga0055889_21104651.jpg








フィグタルト(めちゃうま!)
a0055889_21153366.jpga0055889_21153888.jpg








ガラス越しには、闇夜を照らす真っ赤な巨大タワー。
雨夜の今日は、雨粒が光を増して、いつもより美しいはず。
何とも心をくすぐるロケーションとコンセプトだけど、
今日のコース料理の組み立て方だけ、ちょっと不満。
次回はぜひ、アラカルトを楽しんでみたい♪

a0055889_213528.jpg見せてもらうの忘れちゃいましたが、
メニューは、薫堂さんの手書きだそう。
マル秘レシピを覗き見ているようで、楽しそう。
これなら、"てにをは"しか判らないような、
お客泣かせの、
長くて難解なカタカナ料理名も、怖くない!笑


食後は、タワシタ(2F)の1Fにある、
同じく薫堂さんプロデュースのBarZORROへ。

こちらも、タワシタ同様、紹介がないと入店できない。
→必然的に業界人・著名人が多い。

a0055889_12973.jpg←帰り際に店の外で。

ガラス越しとは打って変わって、
激しく流れる赤い雲で
てっぺんが見え隠れする姿は、
何だか火山のようで、
ちょっと恐い。

それにしても、
まさに、タワ下。
by cedar-back | 2006-06-15 21:43 | イタリア料理
旅の最終日は晴れ、京都へ。
まずは、5-9月季節限定の納涼床でのランチ。

a0055889_21384484.jpg川床は、和食以外のレストランも沢山あり、
お値段もピンキリ。
昨日行く予定だった豆家源蔵は、
残念ながら月曜定休だったので、
イタリア割烹SCORPIONE吉右へ。



a0055889_21491729.jpg平日の昼に、
澄んだ青空と鴨川を眺めながら、
首にじりじり太陽を感じて飲むシャンパンは、
罪悪感すら感じる幸せ。
店員さんのやる気は微妙だったけど、
京野菜を使ったイタリアンは、
1,500円にしてはボリューム・味、共に満足。


a0055889_21503141.jpga0055889_21504140.jpg








a0055889_21505048.jpga0055889_2150587.jpg








実は、川床ランチを満喫している私とJ子の横で、
昨夜、マッコリで撃沈してしまったR子は、
何も食べれず、終始グロッキー;
見事に去年のG.W in SFを再現してくれたR子、
さすが!と言いたいところだけど、
たぶん年齢的にもう限界です(笑)

京都、リベンジしないとね。
by cedar-back | 2006-05-08 21:29 | イタリア料理
昭和通り(第一ホテル跡)に去年openしたデザインホテル三井ガーデンホテル銀座
直行エレベーターで16Fへ上がり、フロント脇にあるイタリアンレストランskyへ。
(レストランはここだけ)
ホテルエントランスも超分かりにくく、H.Pにもレストランの詳細が載っていないので、
かなり穴場のレストランだと思う。
本日もビジネスランチミーティング中と思われるグループが、数組だけ。
浜離宮も見渡せ(もれなくDも見えちゃいます;)、すがすがしいランチに。

こんな良い天気の日に、
こんなくつろぎ大人ランチ、
そして軽い2日酔い・・・w
仕事に戻れる要素がひとつもない、
仕事に戻る理由がみつからない。

・・・ので、仕事ポイ!               

したかった!

-パスタランチ ¥2,800-
フルーツトマトとアボカドのミルフィーユ仕立て/イサキのオーガニックガーデンサラダ
a0055889_2136419.jpga0055889_21361786.jpg








フォカッチャ(トマト/ローズマリー)/オリーブ&アンチョビ・オリーブ&バルサミコ・白身魚ペーストで。
a0055889_21362351.jpga0055889_21363015.jpg








ブラウンマッシュルームのスープ/菜の花・イサキ・カラスミのオリーブオイルパスタ
a0055889_21393286.jpga0055889_21393962.jpg








マンゴーレアチーズケーキ&自家製バニラアイス
a0055889_213946100.jpg名前入りwelcome card に
高いホスピタリティーを感じ、
続くお料理、パンにも(私のポイント)
こだわりが感じられ、
全て好みで不満なし。
大満足。



「Furutoshi」「Pacific Currents」でおなじみの古里氏のレストランだそう。
さすがいい感性をお持ちで、いいとこついてきます。
それより何より、
ここの営業権を勝ち取ったことがすごい。
by cedar-back | 2006-05-01 12:29 | イタリア料理
六本木通り沿いのケンコーポレーション近くの路地を1本入るとみえてくる建物が、
Ristorante & Bar Yan Kug
a0055889_13424.jpg
本日は、レストランとは別の階段を下り、地下のBarへ。
天井が高く、シックモダンな薄暗い空間には、
都会の喧騒を忘れさせてくれる静かな空気が流れる。
1階のレストランで食事をした後、ゆっくりと過ごすのがいいかもしれない。

バーテンが控えめなので(笑)
私的に1人ウエイティング用バーとして合格!
by cedar-back | 2006-04-27 22:27 | イタリア料理
a0055889_2250384.jpg広尾駅から西麻布方面へ徒歩1分のPIZZERIA「PARTENOPE」
世界180店舗、国内には12店ほどしかない、
イタリア真のナポリピッツア協会認定のお店。
ピッツア以外にも本格的ナポリ料理が味わえる。

←認定マーク


今日は、久しぶりのギ○○○ン。
過去に出会った人たちの結婚話に時代の経過を痛感し、
変わらぬ自分への焦りと不安は、とりあえずワインで流しこめ!笑

水牛のモッツアレラ&生ハム(超オススメ!)     グリルド・ベジタブル
a0055889_230526.jpga0055889_2305923.jpg








          カザティエッロ(ハム、サラミ、チーズ類の入った特性パン)
a0055889_231947.jpga0055889_23113100.jpg








パルテノペ                      生ハム&ルッコラ
a0055889_2312211.jpga0055889_2312931.jpg








       ■10pm、6人全員集合したところで、M子の婚約祝い♪■
a0055889_23322512.jpg
これで、既婚/未婚が50/50。
チーム未婚のK&S様、長い道程だけどガンバリましょう。
茜会にお世話になる前に、何とか自力で(笑)
入会資格があることが・・・衝撃。こわーい。

2軒目は、CONZE恵比寿2Fの和酒ダイニング時の間へ。
a0055889_23384060.jpg
カラオケ付き個室で、
久々のS子の熱唱に大興奮。
でも、年々、
酔うと無邪気&無防備になる
超自由なこの子を、
どんな男に預けたらいいのか、
自分、心配っす(笑)

←ぐだぐだ・・・
by cedar-back | 2006-04-22 22:43 | イタリア料理
外苑西通り、慶応幼稚舎横にあるイタリア政府公認レストランLA BISBOCCIA

場所、外観、そしてリストランテ、どうも敷居が高い気がするけど、
一歩入ると、広い店内をスタッフが忙しそうに、生き生きと動き回っている。
確かに、日本にあるイタリアンが小洒落すぎているだけで、
こんなちょっとせわしない感じが本来の姿で・・・
だからイタリア政府公認なのかもしれない、と妙に納得。

本日案内されたのは、
壁中が著名人のサインで埋め尽くされている、パーティルームと思われる場所。
ファミリー、親しい仲間、会社の同僚とワイン片手に盛り上がるグループが多く、
テンションは高め。でも、品がある。そこがいい。

炭火焼がここのオススメ(炭火焼の光景が見える席もある)
スカンピの炭火焼                  骨付き牛ロース(仙台牛)の炭火焼
a0055889_1592753.jpga0055889_159407.jpg








ワゴンで牛の塊を見せられ、骨付き牛ロースを豪快にオーダー。
香ばしい香りに誘われ一口頬ばれば、
表面カリッと、中はジューシーで柔かく、脂身はしっとり甘く、
シンプルな塩味が肉の旨味を一層引き立てる。

鶏、豚、羊、鹿・・・の方が味が濃くて旨味があって、カロリーもねぇ・・・
なんて、焼肉好きなくせに、ブームに乗って生意気なこと言ってたけど、
ごめんウシ、君達もやっぱ最高です!

この他、オススメの魚介など、丸ごと席まで持ってきてくれて、
好みの調理法にも喜んで対応してくれる。

パルメザンチーズリゾット(米の歯応え、完璧)        &ショートパスタ(羊肉ソース)
a0055889_15105432.jpga0055889_1511190.jpg








a0055889_15112751.jpgデザートはワゴンよりチョイス
手前:モンブラン
ふわふわクリームと粒の残ったマロンクリームを和えただけのようなシンプルモンブラン。
見た目と違って、これが全然甘くなくて、
相当美味&超好み。

奥:ティラミス
こっちはそれなりに甘いけど、
私的には、そはれはそれで全然ok(笑)


恵比寿にある同系列のトラットリアIL BOCCALONEと比べてみても、
広い店内ならではの豪快なサービス&料理という違いはあるものの、
本場の雰囲気と味を堪能できる空間としては、それほど大差はないと思う。
お値段的にも。
これからはもっと気軽に利用したい。
by cedar-back | 2006-04-07 21:46 | イタリア料理
目黒川沿いでイタリアンランチ@BACIONE
a0055889_230510.jpg
たぶんお花見のこの時期だけだと思うけど・・・
テーブルの間隔が狭くて、まるで相席;
評判の良いお店のわりに、お味は極普通でパンチもない・・・。

どんな時もベストのお料理を提供するのがプロだろうけど、
申し訳なさそうに忙しく動き回る腰の低い店員さんを見ていると、
今日はお店の本領を発揮できていない模様。

次回は、
桜の季節が終わった人手の少ない時に、
ゆっくりとディナーにきてみよう。
by cedar-back | 2006-04-01 12:59 | イタリア料理
a0055889_12405886.jpg
餅のように圧縮してあるプーアール茶。運搬に便利なように、7個の餅茶を竹の皮で包むからこの名だそう。





台湾。
近いのに行ったことある人を周りで聞かないけど、
人々は温かく、素朴で、他のアジア諸国やリゾート地でありがちな、
あの商売っ気まるだしな感じもない、いいとこらしいです。
まあ、あたしの中では・・・辛・悲・苦・恐・・・トラウマ(笑)

a0055889_12455758.jpg
それにしても、
ROPPONGI HILLS CLUB
月曜とはいえ、ガラガラです・・・





livedoor事件以来、この辺の勢いはストップというか急降下しちゃったから、
the庶民がこういう光景を目にしちゃうと、やっぱりヒルズ離れが加速してる・・・
なんて勝手に感じてしまって、こういう一人一人の感覚が、
漠然とそういう流れを呼び込んでしまったりするし・・・

一気に「時代の象徴」になって、「ヒルズ族」なんて言葉が生まれ、
それと一緒にされることを嫌った人も、
一緒にされて得した企業も様々だろうけど、
こういう事件のせいで、何となく業界全体のイメージや信頼度がダウンし、
個々の企業の勢いまでに悪影響を及ぼしてしまうことは、
本当に残念だし、迷惑な話だよな・・・。

それにしてもあのビル、あまり縁起のよい感じがしない。
回転トビラの事故とか・・・。
そして、何回行っても慣れないし、何か愛着がわかない・・・のは私だけ?
by cedar-back | 2006-02-27 22:40 | イタリア料理
恵比寿Delizioso Italiaで、Birthday&New Year's Party。

「女子10名、センターテーブル占拠」と聞いて、
「この店も今夜限りかな・・・」と、今後の"出禁"すら頭をよぎったけれど、
生ハムは豪快にぶらさがり、スタッフのイタリア語が飛び交い、
「陽気に仲間達と過ごすトスカーナの夕べ」を思わせる、
イタリア時間が流れていて、これなら大丈夫と確信。
R子よ、ありがとう。

そして、主役のイチゴ(1/5)よ、
ドタキャンもなく相変わらず華やかな登場だったけど、あたしは嬉しかったよ。
今日から「わくわくサーティーランド」に向けて、共にカウントダウンしよう。

a0055889_12143143.jpga0055889_12144566.jpg








a0055889_12152033.jpga0055889_12152943.jpg
by cedar-back | 2006-01-05 19:40 | イタリア料理