OLの日記です。


by cedar-back
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

東麻布「タワシタ」→「ZORRO」

放送作家小山薫堂さんプロデュースの、看板のないイタリアンタワシタへ。

a0055889_19484118.jpg←唯一の目印は、〒ポストのショップカード。

ここは薫堂さんプロデュースということで、
私の中で、相当期待度が高かったお店。
東京タワーの下にあるから、タワシタ。

今日は個室で、誕生日会。
おめでとうございます。


a0055889_2124465.jpga0055889_20591812.jpg








メロン果汁&生ハム               イワシマリネ?
a0055889_2194936.jpga0055889_2195687.jpg











ホタテの黒七味焼きホタテガーリック         蛸&オリーブ
a0055889_2110713.jpga0055889_21101332.jpg








グリルドベジタブル                  イサキ? 
a0055889_21102476.jpga0055889_2110304.jpg








ラタトゥユ                      ステーキ丼(焼きオニギリの上にステーキ)
a0055889_21104032.jpga0055889_21104651.jpg








フィグタルト(めちゃうま!)
a0055889_21153366.jpga0055889_21153888.jpg








ガラス越しには、闇夜を照らす真っ赤な巨大タワー。
雨夜の今日は、雨粒が光を増して、いつもより美しいはず。
何とも心をくすぐるロケーションとコンセプトだけど、
今日のコース料理の組み立て方だけ、ちょっと不満。
次回はぜひ、アラカルトを楽しんでみたい♪

a0055889_213528.jpg見せてもらうの忘れちゃいましたが、
メニューは、薫堂さんの手書きだそう。
マル秘レシピを覗き見ているようで、楽しそう。
これなら、"てにをは"しか判らないような、
お客泣かせの、
長くて難解なカタカナ料理名も、怖くない!笑


食後は、タワシタ(2F)の1Fにある、
同じく薫堂さんプロデュースのBarZORROへ。

こちらも、タワシタ同様、紹介がないと入店できない。
→必然的に業界人・著名人が多い。

a0055889_12973.jpg←帰り際に店の外で。

ガラス越しとは打って変わって、
激しく流れる赤い雲で
てっぺんが見え隠れする姿は、
何だか火山のようで、
ちょっと恐い。

それにしても、
まさに、タワ下。
by cedar-back | 2006-06-15 21:43 | イタリア料理